スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

とらドラ 23話「進むべき道」 感想

なんだかそろそろ終わりそうなとらドラ
今回は大河のツインテールが出てきましたね
ちょっとツインは狙いすぎてる感がありましたけど
それでもHANAJIもハイテンションになりました

そして、亜美ちゃんは本当は大河の事を大事に思っていた事、こいつらとなら自分を変えることができたのかもしれないと思っていたことを竜児に暴露
こいつは真のツンデレか、、、
しかし自分の不器用な手助けが逆に話をこじらせてしまい、大河を困らせたと後悔などもしていて、本当は友達思いな心も持っているところがわかるシーン
やっぱり亜美ちゃんはいい子やな、、、

そして自分の事も顧みず大河の幸せを願っているみのりん
親にも恵まれず、幸せを知らなかった大河がやっと幸せに手が届くというのにそれをいつまでたってもつかまず、その幸せを自分に譲ろうとしていることにみのりんはついにキレた。

それぞれが他人を思いやりすぎて起こってしまったすれ違いについに次回変化が起こるのか、、、
次回が楽しみです
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

(アニメ感想) とらドラ! 第23話 「進むべき道」

とらドラ! Scene3(初回限定版) [DVD]クチコミを見る 大河が学校に戻ってきて安心する竜児。しかし、今度は仕事を増やした母・泰子が高熱で倒れてしまう。自分のせいだと落ち込む竜児を涙ながらに慰める大河。そしてバレンタイン当日、大河は北村達にチョコをプレゼント...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。